コピー機の保守契約

Posted on 2017.10.16 By

コピー機のリースで重要なのは保守契約です。保守契約の中身は業者によって違い、ほとんどのリース業者は見積もりでこの保守契約を知らせます。これは他のOA機器のリースでも同じです。いくつかのリース会社から見積もりを取り、中身を検討してから契約します。保守契約は保険のような役目も持っています。リースをするときは必ず契約します。

保守契約保守契約は、トナー代や部品交換の際のパーツ代、保守に来る技術者の人件費と交通費など修理に必要なすべての経費が含まれます。保守に立ち寄る回数や故障時の対応といったアフターサービスの良し悪しが決まりますので、保守契約は安ければ良いというものではありません。コピー機はいざという時に使えなければ困るものです。故障はないに越したことはありません。保守管理が頻回に行われていれば、急な故障やトナーがなくなるなどのトラブルは避けられます。

故障の際の対応についても、契約の前に細かくチェックします。当日来てもらえるのか、保守や故障時に来てくれる技術者はその場でどの程度の故障までなら直せるのか、工場に持ち込んで直すとなった時に代替のコピー機がすぐ手配されているのか、また、そういった故障、トラブルの際の修理費用や出張費について、どこまで契約に含まれ、どこからが有償なのかも確認が必要です。

未分類